本当に効いたダイエットサプリ&グッズをランキング【徹底比較】


「私は痩せにくい体質だから」とダイエットをはじめる前にすでに諦めていませんか?確かに痩せやすい人と痩せにくい人はいます。でも、遺伝的な影響はとても低く、生活習慣の影響が大きいですから、決めつけてしまうのはただの怠慢でしかありません。せっかくダイエットをするのだから効率よく痩せたいと思うのは皆さん共通でしょう。そこで、まずは痩せやすい人と痩せにくい人の差を知っておいてもらいたいのです。実は意外なところにも差があったりするんですよね・・、これがまた。






痩せにくい人は新陳代謝が低い


自分で痩せにくいと感じている人は、新陳代謝が低い可能性が高いと考えられます。基礎代謝とは1日に消費できるカロリーのことで、数値が大きければ大きほど痩せやすいことになります。最近は家庭用の体重計でも基礎代謝を測ることができるので、まずは自分の基礎代謝を知っておくことが大事です。基礎代謝が高くなると1日に食べても大丈夫な量が増えることになるので、食事量を減らすだけで効率よく痩せられるようになります。では、基礎代謝を上げるにはどうすればいいのでしょう?


答えはこちら→基礎代謝を飛躍的に高める方法






日常生活においてダイエット意識が低い


カロリーの多い食事


意外に多いのがこのパターンなんです。ダイエットに成功しやすい人は、実はけっこう痩せやすい生活を送っているんですよね。それも、無意識に。例えば、食事をするとき、適当に選んだものがカロリーの低いものだった、なんてことがよくあるのです。自分の好きなものが必然的にカロリーが低い、そういう人が無意識にダイエットに成功しちゃっているんですよね。これが、食べても太らないという人の典型例なんです。逆に、太りやすい人は脂っこいものが好きだったり、米や麺類などの糖分を多く含む炭水化物が好きだったりして、無意識に太りやすい食生活を送っている人が多いのです。






朝ごはんを食べない人は太りやすい


朝食


意外に思うかもしれませんが、朝ごはんを食べない人は太りやすい傾向にあります。なぜなのか少し考えてみてください。考え中。。考え中。。。朝ごはんを食べないということはその分、1日の摂取カロリーが減りそうなイメージですが、昼ごはんにその反動がきて、せっかくセーブした分まで食べてしまうんです。朝にセーブしたせいで、朝ごはんを食べる人に比べてお昼にたくさん食べてしまう人が多いため、朝ご飯を抜くいたほうが太ってしまいやすくなります。朝ごはんに比べて昼ごはんのほうがカロリーが多いので、食べ過ぎれば当然太りやすくなります。また、お昼を控えても1日に食べる量が少ないままなので、間食多くなってしまったりします。






関連記事